妊娠線が出来る理由

◆ なぜ妊娠線ができちゃうの!? ◆

妊娠線ができる原因は、妊娠により一時的におなかや乳房が大きくなる過程で
皮下組織が表面の皮膚の伸びについていけず、亀裂ができることにあります。

 

表皮に比べると皮下組織は、あまり弾力性がなくすぐに裂けてしまいます。

 

したがって、肌の表皮にヒビ割れが発生し、妊娠中は赤黒いスジ状となって表れます。

 

時間が経過するとはスジが凹んで色は白く変化します。

 

妊娠中は血管やリンパ管の活動が鈍る為、血流も悪く妊娠線として体に残ってしまいます。

 

◆ 胸にも妊娠線ができるの…!?◆

妊娠線はおなかだけではなく、実は胸やお尻、太もも、ワキの下など広範囲に出来る方もいます。

 

これは妊娠中に脂肪が付きやすい女性の方に多く、皮膚が柔らかい部分に出やすい傾向があるようです。

◆妊娠線はこんな方が出来やすい!!◆

妊娠線は誰でも出来る可能性があるのですが、特に下記の方が出来てしまう傾向にあるようです。

 

●小柄でおなかが前に突き出やすい方

 

●皮下脂肪のやや厚めの方

 

●双子などの多胎児を妊娠している方

 

●経産婦の方

◆急激な体重増加に注意◆

安定期に入る妊娠中期からは、食欲が旺盛になるのでついつい食べ過ぎる場合もありますよね。

 

でも、食べ過ぎて急にポッチャリになると、皮膚が急速に引っ張られるので、妊娠線の出来やすい状態になってしまうのです。

 

また急激な体重増は、妊娠線の他に妊娠中毒症の心配もありますから、食事内容の見直しと適度な運動も心掛けましょう。

 

●妊娠3〜4カ月頃から悪阻が無くなると食欲が回復し急な体重増になりやすいので要注意です。

 

●妊娠8カ月から臨月頃には、赤ちゃんが急激に成長し体重も増えるため、それまで出来なかった人にも、急に妊娠線が出来てしまうことも…!?

 

 

妊娠線の予防とケアは、これで決まり!

 

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

⇒ 薬用アンドレボークレースクリームの詳細・購入はこちらです

 

【薬用アンドレボークレースクリーム 120g】つくりたくないセルライト・肉割れ・妊娠線対策薬用クリーム!コンドロイチンがしっかり保湿して、あなたのお肌を潤いで満たしてくれます。【これこれ倶楽部】